自己啓発の夢と現実 ☆脳覚醒ダイアリー☆

僕は能力不相応だったとある外資系に就職してしまい、あまりのスキルの無さに危機感を覚え、精神的に追い詰められ、自己啓発に励んできました。自己啓発本、話し方教室、自己啓発セミナーに多額の金額を費やした後、脳覚醒技術に出会うことになります。それらの体験記を中心に書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

みんな悩む! 仕事での板挟みのストレスとサンドイッチ症候群の実情

仕事ので板挟みと中間管理職のストレス体験談と口コミ紹介 ビジネスパーソンは辛い!

仕事ので板挟みと管理職のストレス体験談と口コミ紹介 ビジネスパーソンは辛い!


仕事の板挟みのストレスの口コミ体験談を拾ってきました。
中間管理職にでもなると、これまでの環境がガラッと変わります。
立場と責任が変わると、ストレスと負担がどっと押し寄せます。

 

みんなどのようなことに悩んでいるのでしょうか?
人の実情を知ると、心に余裕ができるのではないでしょうか。

  1. 責任感が増してしまう。窮屈を感じるようになった

  2. 給料が上がらない割に、責任だけ押し付けられる。板挟みになるからやっていられない。昔が良かった・・・

  3. 部下の責任まで背負わなければならない

  4. 人を動かさなくてはいけないが、それがすごく難しいことに気づかされた。その飢え飢えからプレッシャーもあり、下の責任も取らなくてはならない

  5. 部下で言うことを聞かない奴がいて、その扱い方に苦労している。少しキツめにいうとパワハラになりそうで怖い

  6. 部下の性格を見極めて、その人に合った対応しなければいけないところ

  7. 気持ちが通じているのかわからない。やる気をいかに引き上げ、すねさせないようにするか、そこに心を砕く。めんどくさい

  8. 若くして管理職になってしまったため、年上の部下の扱いが厄介だ。どう接していいかわからない

  9. 上司と部下の間で板挟みになり、どっちにもいい顔をしたいが現実は難しい。サンドイッチ症候群に陥った

  10. 上下からの圧力をひしひしと感じ、あらためて中間管理職の辛さを思い知った

  11. 自分の部下だけでも精一杯なのに、管理職として上司や別の部署との意見や問題調整が大変で、毎日がストレスだらけだ

  12. 会社のノルマ達成が難しい場合、ものすごいプレッシャーと責任と申し訳無さを感じる

  13. 部下のやる気を削ぐことなく、注意をうまくしなければならないことにストレス

  14. できない部下をどう教育していいか悩む

  15. 残業で余計大変になった。上から下からのすべての仕事を背負い込むことに。性格的に断れない

  16. 上司からのパワハラやプレッシャー、部下から悪口、嫌がらせでストレスが爆発しそう

  17. いつもどこかで生じるトラブルをフォローばかりするようになった

  18. 部下の性格や働き方、態度などにいらいらされる毎日だ

 

みんな中間管理職になると苦労しているのがよくわかります。特に板挟みのストレス(サンドイッチ症候群)に陥ってしまった人が多いようです。

 

中間管理職のつらい点としては「責任感増大」が挙げられます。地位が上がると権限も上がりますが、比例して(それ以上に?)責任が伴います。部下のミスは上司の自分の責任でもあるため、気を抜けなくなります。

 

営利企業は成果を上げる必要性があるため、ノルマをこなせないと、上司の自分の責任になる。部下はそういう意味では気楽だと思ってしまうなど、出世するほど楽になるどころか、ストレスも増大しています。

 

しかし出世は多くのビジネスパーソンにとって目指すべきところであり、本来は歓迎すべきことです。
しかし、中間管理職になるということは、そのままビジネスパーソンの悲哀を表しているのかもしれません。

 

そこでうまく対処できる人がストレスを乗り越え、苦労した以上の見返りが得られます。ストレスに押しつぶされながら必死で会社員生活を続けてしまうかどうかは、その人の対処法にかかっています。

 

 関連記事(クリックをどうぞ)

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ別目次一覧