自己啓発の夢と現実 ☆脳覚醒ダイアリー☆

僕は能力不相応だったとある外資系に就職してしまい、あまりのスキルの無さに危機感を覚え、精神的に追い詰められ、自己啓発に励んできました。自己啓発本、話し方教室、自己啓発セミナーに多額の金額を費やした後、脳覚醒技術に出会うことになります。それらの体験記を中心に書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

自己啓発本を読んでも自分も人生も変えられない理由 潜在意識に響かない自己啓発書

f:id:pocketpod:20180519201739p:plain

  1. 自己啓発本を僕は読み漁りました。すごくためになると思って自己啓発本の虜になり、新しい書籍が出たら迷わず買いました。そして気づいてきました。いくら自己啓発本を読んで、その内容に感動をしても決して自分を変えることができないことを。。。。!

  2. 自己啓発本はいちいち納得のいくことばかり書いているし、読まないよりも読んだほうがいいのですが、問題はいくら読んでも変われない自分に気づいてしまうことです。自己啓発本に書かれてあるとおりにやろうとしても、すぐに壁にぶち当たる現実を何度も繰り返していくと、自己啓発しようとする気力が萎えてきてしまうんですね。それはすなわち諦めであり、惰性であり、変わりたいのに変われない自分に自信を失うってことです。

  3. 自己啓発本でいくらいいことが書いてあり、ものすごいモチベーションが上がったとしても、実は感情にちょっと火がついた状態で、数時間後には忘れてしまう繰り返しになります。モチベーションが落ちるからより自己啓発本に頼って、依存していくことになります。その繰り返しの時間は本当に無駄です。

  4. 自己啓発本を読んだだけで人生を成功させた人は誰ひとりとしていません。人生を成功した人だけが自己啓発本を書いているのであり、買っている時点で彼らのカモになっています。だから自己啓発本に頼っている時点で、負け組決定です。

  5. 自己啓発本の著者に印税を渡しているだけで、搾取されている側にいることに気づかないと、いつまでも人生を変えられません。気づくことからすべてが始まります。自己啓発本に頼り続ける人間は、傍から見ると結構滑稽です。僕も滑稽に見られていたと思います。

  6. 自己啓発セミナーも同じことが言えます。自己啓発セミナーの内容も結局中身は自己啓発本を講義しているようなもので、多くの人が自分を変えるまでに至りません。もし本を読んだりセミナーで人生が劇的に上向いた人がいたのならば、その人はたまたまそれ(読書やセミナー)をやっていただけであって、別の方法でも成功していた人だと思います。そういう人たちは、結局自己啓発本を書いたり、講演をして大きな収入を得ますし、いつまでも搾取される側にはいません。

  7. なぜ自己啓発本自己啓発系のセミナー(あるいはワークショップ)で、自分を決定的に変えられないのでしょうか。それは潜在意識になんにも響いていないからです。潜在意識と顕在意識の間には分厚い壁があります。そこを超えるぐらいの暗示を入れることは、本を読んで感動したり刺激を受けただけでは不可能なことです。それぐらい潜在意識は思っている以上に、意識のさらに奥の奥にあり、その間にあるメンタルブロックを外さない限り、潜在意識から自分を変えることは不可能だと思います。

  8. 自己啓発本を読んで理論として納得がいったとしても、すぐに潜在意識の自分が「そんなうまくいくわけがない、他の人ができてもおまえにできるわけがない、どうせ失敗する、現に今までだってうまくいっていないじゃないか、その実績があるのにどう変われると言うんだ!?」というメンタルブロックが働きます。それは弱気であり自身のなさであり自己否定感でもあり、それを突破して、自分を説得することは本当に難しいです。

  9. 潜在意識に暗示が届くためには(本の内容が一生ぶれずに届くためには)、狂うことが一番です。この狂うという意味は、ただの狂人の意味でとらえないで下さい。狂うとは理性をかなぐり捨てて、防衛本能も発動させず、一心不乱にバカになって、目的に向かって突き進むことです。この時の脳の状態こそが、潜在意識の扉をパカっと開いてくれます。ただし自己啓発セミナーでやるように怒鳴りまくる、泣きまくるといったレベルではありません。あれは実はレベルが低い方法で、限界を突破させたと思わせるだけで、実はただの感情を無理やり振り絞らせたやり方です。なんにも潜在意識の扉は開いていません。だからこそ終わった後虚無感が到来するほど、モチベーションが逆に下がってしまいます。

 

pocketpod.hatenadiary.jp

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp