自己啓発の夢と現実 ☆脳覚醒ダイアリー☆

僕は能力不相応だったとある外資系に就職してしまい、あまりのスキルの無さに危機感を覚え、精神的に追い詰められ、自己啓発に励んできました。自己啓発本、話し方教室、自己啓発セミナーに多額の金額を費やした後、脳覚醒技術に出会うことになります。それらの体験記を中心に書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

f:id:pocketpod:20170619172009j:plain

職場環境をいい方向に変えられる人、悪い職場環境で潰れてしまう人(運を引き寄せるのは自分の力)

  1. ​​職場で絶対的評価を確立するにはどうしたらいいでしょうか。一つの職場でずっと長く仕事をしなくてはいけないのは、ビジネスマンとして避けられません。そこで低評価を受けてうだつの上がらない存在になったら、人生そのものが苦痛になってしまいます。

  2. 自分の池のように職場で仕事やコミュニケーションを取れることが、ストレスを感じず、自分の力を発揮できて、かつ出世できる方法なのは間違いないことです。職場をアウェイ状態にするよりはホーム状態で、ホームアドバンテージを受けながら仕事できたほうが絶対にいいです。

  3. 職場を快適にできていますか? 自分が主体的に生きられていますか? 職場環境が悪かったという不運もあるでしょうが、その中でも居心地がいい人間はいるはずです。そもそもそれを引き寄せてしまったのは自分かのしれません。自分のあり方が運の不運も引き寄せてしまうんです。成功も失敗も引き寄せるのは自分の力です。

  4. 職場はとても重要です。自分の池にするためには脱サラして会社を起業する、個人事業主になるという方法があります。しかしこれらはとてもリスクが高く、現在の職場で出世し、環境が自分の色に染まるようになるのが理想と考える人は多いはずです。

  5. 仕事、そして職場で、人生すべてが決定づけられると行っても過言ではありません。職場でつまらなければ人生の大半をつまらないまま過ごさなくてはいけません。そしてそのストレスは尋常じゃないほど強く、それによって体調を壊したり精神面で悩んでうつ病になる人は多いのです。体調面を心身両方で壊してしまったら、私生活にしたって楽しめないし、老後にまで悪影響を及ぼしてしまいます。いや、その前に社会生活を送れなくなってしまうんです。

  6. 職場を自分の池にできる人間にならなくてはいけません。職場で能力を発揮して高い評価を貰わなくてはいけません。しかし、職場の人間関係でズタボロになったり、うつ病で休職したり、ひたすらストレスに耐え続ける人がいるのも事実です。僕が後者に陥りました。なんとか巻き返して、今は環境の良い職場を形成することができています。

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp

 

 

pocketpod.hatenadiary.jp