読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発の夢と現実 ☆脳覚醒ダイアリー☆

僕は能力不相応だったとある外資系に就職してしまい、あまりのスキルの無さに危機感を覚え、精神的に追い詰められ、自己啓発に励んできました。自己啓発本、話し方教室、自己啓発セミナーに多額の金額を費やした後、脳覚醒技術に出会うことになります。それらの体験記を中心に書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

脳覚醒プログラムと潜在意識からの自己啓発効果 ありのままの体験記

驚きの自己啓発方法と脳覚醒技術 僕は自己啓発をしてどう変わったのか

岩波英知先生の成功哲学と自己啓発と脳を覚醒させる方法の無意識からの効果

  1. いくら巷の実際に脳覚醒プログラムを受けた人が「すごい」「やばい」「ありえない」「世界最高」「世界最強」「世界唯一」「鬼才」「次元が違う」といったところで、僕が脳覚醒状態に入れるか心配でした。
    自己啓発セミナーにしてもそうだったからです。
    そこまで絶賛はされていなくても、(お金のため、勧誘が成功と刷り込まれているためとはいえ)経験者がセミナーを薦めてくるということは、それだけの価値があるからでしょう。

    実際に僕だって一瞬ですが、「すごく参加してよかった!」と思えることがありました。
    それは認めなくてはいけないし、いくら子供だましの技法とはいえ、大の大人をあそこまで非日常的な感情の揺れ動きの中に入れ込むんだから、並大抵なものではないでしょう。
    そこにセミナー主催者側の熱意があったんだと思います。
    しかし、世の中には上には上がいるもので、「井の中の蛙」でもあるのです。

  2. とはいえ、僕は最初は不安と期待が入り交じっていた感情を、岩波先生の心理脳内プログラムについて持っていました。
    どういうことをやるかわからないから緊張もしましたし、自己啓発セミナーのような『感情追い込み決壊型』だったらどうしようとか、精神高揚のドーピングの副作用が出てしまったら、と色々悩んだものです。
    評判は圧倒的にいいものであったのですが、自分がプログラムに合わないタイプだったら、など不安は尽きないものですね。

  3. しかし、僕は『自己啓発をしなくてはいけない病』にかかっていたため、すごいと聞いたものは何でも飛びつく男なのでした。
    そういうところは最終的に勇気というか肝が座っているのかも知れません。
    しかし、今度ばかりは飛びついてよかったと思います。
    これが最後の自己啓発になりそうだからです。
    それまでは自己啓発のまね事に過ぎなかったため、最初で最後の真の自己啓発プログラムといったところでしょう。

  4. 実際に脳覚醒プログラムを受けた体験記を書いておきます。
    受けてみればわかりますが、まず脳覚醒技術がやばいくらいにすごいのです。
    ただし勇気が必要な技術(目の当たりにしたらびっくりすることでしょう)ですので、明確な目的意識を持った人じゃないと受けられませんし、僕も受けないほうがいいと思います。

  5. 最初に岩波先生にスゴワザで誘導され、脳覚醒状態のほんの初期段階に入った時の印象はこうでした。
    一瞬意識が飛び、目覚めた時、すごく取り乱した感がありました。

    これは僕の潜在意識がそう感じさせたわけで、実際取り乱していなかったようですが、これは噂に聞く「心地よさ」「究極のリラックス感」とは違うもので、最初からそれを期待していた僕はキョトンとしてしまいました。
    いわゆるインパクトを感じただけで、これは脳の扉が第一段階も開いていない人がなる感覚体験だそうです。
    最初から、別次元の感覚体験になる人もいますが、これは個人差がありますし、頑張ればそういう人にいずれは追い抜けることができます(僕の体験より)。

  6. 岩波先生の脳覚醒プログラムなど心理脳内プログラムと言われるものは、トランス呼吸法がベースとなっています。
    これをやってくる人とやってこない人では、加速度的効果の差がでてしまうため、しょっぱなからなんの準備をしてこなくて、会社のストレスが溜まっていた僕にしては、初期段階の変性意識を味わえただけで儲けものだったのでしょう。
    とにかく潜在意識の世界に僕はアクセスできたわけなので、それはそれで嬉しかったです。

  7. 僕の脳覚醒状態の奇跡の本番は、第二回目から始まりました。
    ありえないことの連続、感動が前の感動を上回っていく流れに入ることができました。
    一週間、言われてきた課題をみっちり熱意を持ってやりこなしていた僕は、どうなるのか不安でしたが、やっぱり期待を持って参加しました。
    集団の中、みんなすごく深く脳覚醒状態に入っていて、そうなれるかどうかドキドキでした。
    そんなことは杞憂でしたが。

  8. 岩波先生の誘導で、ありえないほど深い感覚に僕の脳から足の爪先に至るまで包まれたのです。
    あきらかに前回とは違う感覚体験に、僕は驚きながらも突き抜けた感動を味わっていました。
    強烈な脳が覚醒する実感!
    湧き上がるモチベーション、強さ!
    本能エネルギーが出てきたのか、自分のパワーに自分が驚き、頼もしく思いました。

  9. 「これか、これが皆が言っていたすごいことなんだ!」
    体感してはじめて、絶賛している人が皆一致して言っていた言葉が真実だったことに気づきました。
    脳の重苦しい蓋が二枚も三枚もパカっと外れて、宇宙の意識といいますか、これぞ「覚醒」状態というすごい感覚に打ちひしがれました。

  10. その後もやるごとに脳覚醒状態は深まっていきます。
    脳の体感には終わりが無いようです。
    潜在意識の世界に入り込むことの難しさをあれだけ感じていた僕ですら、岩波先生の技術によって、簡単にそれも深く入ることができるようになり、人間の脳力の一番深い部分を刺激できるため、自己啓発セミナーの1万倍は効果がありました。

  11. また感情が豊かな世界に浸ることができます。
    自己啓発セミナーでの無理矢理な「感情世界」と違って、自発的に湧き出てくる豊かな感情が僕を包んでくれる、そんな安心感と頼もしさがありました。
    さらに五感がフルに刺激されるため、一番仕事で大切となる直感力も磨かれました。
    理性が排除された状態だからこそ、感覚がむき出しになって、研ぎ澄ませることができるのだと思います。

  12. 脳覚醒状態が深まると、絶対感が芽生えてきました。
    絶対感とは「他人との能力や個性の比較ではなく、自分の能力や個性こそが絶対的」という感覚です。
    そこに弱さや頼りなさは微塵もなく、自分主体で、ぶれない強固な精神状態です。
    しかも、絶対感というだけあって、何が起きても微動だにしない、そういうたくましさも身についてきました。

  13. 脳覚醒状態を味わっているとき、本当に幸せな状態です。
    究極のリラックス感を味わいながら、絶対感、強さ、パワーにみなぎる自分がいました。
    無敵の状態を人生で初めて僕は実感したのです。
    今まで崖っぷちの綱渡りのような会社での立場だったため、この感覚を味わえたことが、これから先自分が強くたくましく変わっていくエネルギーになっています。
    強烈なモチベーションも付随するし、また感情だけが先走る不安定な精神状態ではなく、深く静かに僕の心に定着している、そんな実感がありました。

  14. 脳覚醒状態を味わっていない人は、かなりの損をしていると思います。
    上に書いたように「明確な意志と目的を持って、成長したい人にとっては」です。
    人間が人生で味わう感覚体験の中で、この脳覚醒状態はまさしく頂点に君臨する奇跡の感覚だと思います。
    そうなった時、人間は本質的にパワーアップできるのですから。
  15. そして最後に、この脳覚醒状態に近い状態を自力でも作れるようになります。
    僕はまだまだですが、岩波先生の助けを借りなくても、自己暗示を浸透させる能力を身につけることができます。
    だから、一生自己啓発し続けたい人にとって、先生に頼るだけでは独り立ちできない危険性はないと思います。

 

TAMAMORIさんの脳覚醒プログラム体験記

jeantang.hateblo.jp

 

他の記事も読んでみて下さい